大学生

変化する支援のかたち:体育大学だからできること

変化する支援のかたち:体育大学だからできること

shihomakitashihomakita 2019年11月1日 活動事例

秋の心地いい風が吹き始めたころ、大阪体育大学から、15名の学生と6名の職員の方たちが小高を訪れました。同大学が復興支援活動を始めたのは、2011年10月のこと。震災直後は、大阪が避難先である子どもたちに呼びかけ、関西でのキャンプを実施しました。必要な支援が変化することを感じ、2012年以降は、南相馬:現地へ足を運び、これまで活動を続けられています。 住人のもとを訪れ、運動を織り交ぜた活動を行う 小学生に運動指導をする様子

大学での学びを南相馬で実践:高校生と考えた企画を形に

大学での学びを南相馬で実践:高校生と考えた企画を形に

神奈川県でマーケティングを勉強している大学1年生の的池樹(まといけいつき)君は、今回が2度目の南相馬訪問。2月にETICが主催インターンの地域ベンチャー留学制度に参加し、高校生と企画を一緒に考えました。今回はその実施に立ち会うのが目的です。 (引用:ETICベンチャー留学制度HPより) 高校生の企画をサポートしたい 企画を作ることに興味のあった的池君は、あすびと福島がプログラムを選択。南相馬の高校生や地元企業とたちと一緒に、子ども向けのイベントを考える企画をプロデュースするというプログラムでした。的池くん自身は、高校生をサポートする役割だったそうです。的池くん