高校生が課外の時間に地域の課題を解決できる「地域クエストボード」と「地域内ポイント制度」の開発

¥0

地域の困りごとを楽しくゲームのクエストボードのように解決できるしくみづくり

説明

取り組みを実施している団体

一般社団法人オムスビ / 小高区まちなか五区行政区 / 復興デザインセンター

取り組みの概要

旧警戒区域だった南相馬市小高区は、2018年7月現在で帰還率が約20%、人口は2,800名となっています。街の状況が一転したためさまざまな課題を解決していく必要がありますが、それに立ち向かえる人材が不足しています。特に高齢化率は一気に約50%まで上昇、地域のコミュニティの維持や、コミュニティで支えてきたまちのインフラの維持が難しくなってきています。

こうした状況の中で、一般社団法人オムスビでは、「課題に立ち向かえる人材を育て、まちの課題を解決していく」をミッションに活動しています。

小高区は帰還率こそ20%ですが、高校「小高産業技術高等学校」があり、生徒約500名が通っています。彼らのほとんどは区外在住で電車を利用して通学していますが、電車の待ち時間等で少し余裕のある時間を持てる生徒もいます。

そこで、地域内の住民だけでは難しくなっている「景観のための花壇への水やり」「車で買い物に行けない高齢者の代わりの買い物代行」「孤独になりがちな独居世帯の見守り・声掛け」といった【人足】を、高校生に担ってもらい、高校生はその対価として地域内で利用できる「地域ポイント」を獲得できる。そのようなエコシステムの実証をはじめようとしています。

実現したい未来

小高区を中心とし、南相馬市が20年後に、「日本中の課題地域で活躍できるまちづくり人材と、新しい地域モデルを輩出する地域」になれることを目指しています。

その中の一つの試みとして「地域内のまちのインフラ維持を、義務感や通貨以外で解決する」モデルを生み出すこと、さらにはこの活動を通じて学生が地域やまちづくりに興味を持ち、地域人材として早い段階からまちづくりの経験値をためていけるようになる社会モデルを生み出すことを目指しています。

関わる人に期待していること

プロジェクトとしてはやるべきことがはっきりしているので、実現に向かって進むための技術や労力を提供してくださる方に関わっていただけたらと思います。一緒に開発していただけるプログラマーの方、クエストボードに課題や地域住民を巻き込んでいけるノウハウをお持ちの方、地域通貨や仮想通貨について深い知識や実現するためのネットワークをお持ちの方にかかわっていただけたら幸いです。

体験プログラムの内容

2018年7月段階ではまだまだアイデアドラフトの状態なので、MVPにしていくための議論を一緒にできればと思います。

地域の実際課題感を知ってもらうための講義ベースの時間と、ディスカッションするための時間のプログラムを予定しています。

体験プログラムの所要時間

2-3時間程度~1日

レビュー

レビューはまだありません。

“高校生が課外の時間に地域の課題を解決できる「地域クエストボード」と「地域内ポイント制度」の開発” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です